5年の活動休止を経て2017年2月に活動再開を果たした

【速報】イラン 情報局 | 最新情報 口コミ情報

イラン 情報局では、「イラン」のキーワードに関する情報をキャッチし、キーワードをタグ付け整理し、アーカイブします。

態勢は整えてる」――「ジジイ」になった木梨憲武の第2章 - Yahoo!ニュース

 



社 説

 

弘前産シードル「深まるリンゴ産地の魅力」

水曜日

 

 シードルの国際品評会「ジャパン・シードル・アワード2019」で、弘前産リンゴの摘果(未熟果)を使ったもりやま園(弘前市)の「テキカカシードル」が、日本部門で最高賞の大賞を初受賞した。
市内で醸造される他の4銘柄も入賞を果たしており、日本一のリンゴの産地弘前が、国内外に「シードルの街・弘前」をPRする結果となったのは喜ばしいことだ。
品評会は日本シードルマスター協会が主催して2018年に始まり、第1回では弘前産リンゴを使った6銘柄が入賞。いずれも大賞獲得には至らなかったものの、「テキカカシードル」はテイスト審査部門のドライで、最高評価の三つ星に次ぐ二つ星の評価を得た。

 | 将棋プロ棋士 六段

そこでの驚異的な連勝記録をまとめてみました

タイトルに「酒場」を謳う本や雑誌などが書店にはそろい踏み
その後、もりやま園は、よりクリアな味わいを求めて発酵時間の調整や温度管理に取り組み、シードルの濁りを抑えて今年7月の品評会に臨んだ。その結果、テイストおよびデザインの両審査部門で三つ星を獲得し、日本部門の頂点に立った。
味、デザインの評価はもちろんだが、従来は実すぐりで捨ててきた摘果を主原料に醸造するという斬新な発想から生まれた商品であることも大きな特徴だ。もりやま園では年間約30トンの摘果が生じるが、そのほとんどを搾汁してジュースやシードルに生かしているという。今後の需要拡大によって、これまでほとんどのリンゴ農家で未利用だった摘果の活用が一層進むことが期待される。

不動産物件の真価を見極める力が必要となるのでしょう

今は新築メインで販売をしている不動産業者も

これから先の不動産市況はどう変わっていくのか
今回の品評会では国内外の118銘柄が入賞した。このうち、「テキカカシードル」も含めた5銘柄が市内で醸造されており、テイスト審査部門のフレーバーでGARUTSU「MIXシードル8」、ドライでファットリア・ダ・サスィーノ「弘前アポーワイン!ライト」、スイートで弘前銘醸「弘前城しいどる無ろ過スイート」、ミディアムで同社の「弘前城しいどるクリア」がそれぞれ二つ星。「弘前城しいどるクリア」はデザイン審査部門でもラベルで一つ星を獲得した。
弘前ではシードル醸造の機運が高まっており、各製造者が飲む側のニーズに応えようと、より良い味や品質を求めて切磋琢磨(せっさたくま)している。その成果として種類も豊富なシードルが次々と誕生している。従来のイメージを覆すように、アルコール度数が高いものや、これまでのシードルにはなかった辛口のものが出始め、楽しみ方の幅も広がっている。
出来秋を迎えた津軽地方ではリンゴの収穫が今後本格化する。新鮮な生果を味わいつつ、産地ならではの“地シードル”を多くの人に楽しんでもらいたい。今や観光の目玉の一つとして定着しつつある「シードルの街・弘前」を国内外に広くアピールし、産地活性化に結び付けたい。

∆ページの先頭へ

車両一時停止促進策「歩行者に優しい県へ取り組みを」

火曜日

 

 板柳町の交通安全団体である板柳地区交通安全協会、同安全運転管理事業主会、同安全運転管理者協会が行っている取り組みに注目したい。他の自治体に先駆け、信号機のない横断歩道などで、ドライバーに一時停止を促す取り組みだ。具体的には「横断歩行者に優しい板柳町」と表記したステッカー、プレートを作成し、町内事業所の建物や業務車両に張ってもらう試み。開始から約1カ月が経過する中、取り組みの賛同事業所からは「気が引き締まる」「(他の車への)相乗効果が期待できる」といった声が聞かれている。関係機関が共同で行う、こうした取り組みが他自治体にも広まり、やがて「歩行者に優しい青森県」となることを願ってやまない。

中古物件となった現在でも人気は高いままです

「日本的な体験をしたい」からと首都圏に来た外国人旅行者にとっては

2月にはニューシングル『黒い羊』もリリースし
3団体の取り組みは、町中心部で下を向いて歩く人も散見されることから「一層の配慮が必要」と、車両後部に張り付けるステッカー約120枚、建物に掲示するプレート約400枚を作成。8月下旬までに町内約50事業所に配布し、ドライバーに対する意識啓発を図っているほか、歩行者にもアピールしている。
確かにこうした文言が入った事業用車両は多くの人の目に触れ、ドライバーは周囲の誰が見ているかを気にしながら運転することになり、目立つようなスピード超過や横断歩道前を一時停止しない、といったような行為はやりにくい。逆にステッカーを張った車がそうした運転をすれば、目立ってしまい事業所自体の信用も失ってしまう。実際、ドライバーからも「(プレートを)見られていると思うと、一層気が引き締まる。

将棋界は7日から公式戦が本格的にスタートする

タイトルに「酒場」を謳う本や雑誌などが書店にはそろい踏み

現在では新築と中古は半々という比率になりました

直近では2016年にも「大暴落が起こるのではないか」とささやかれていましたが自家用車の運転でも、より注意するようになった」と効果を実感する声が聞かれている。
日本自動車連盟(JAF)が2018年に行った「信号機のない横断歩道での歩行者横断時における車の一時停止状況全国調査」によると、本県の一時停止率は全国ワースト5位の2・1%であり、全国平均8・6%にはるか及ばない。逆にトップは長野県の58・6%だった。ドライバーの意識にどのように働き掛け、こうした高い数字を出しているのか、先進事例として学ぶことも必要であろう。

インバウンド需要によって日本全体が活気づいている中で

5年の活動休止を経て2017年2月に活動再開を果たした

 | 次世代メディア研究所長/メディアアナリスト/津田塾大学研究員
県警のまとめによると、今年に入り8月末までに発生した交通事故件数は1756件で、前年より122件少なく、減少幅が大きい。しかし、事故による死者は26人で前年よりわずか2人減ったにすぎない。一層の交通事故抑止に向けた取り組みが求められよう。そうした中で、板柳町3団体の取り組みは、一歩踏み出した意識啓発策と言える。ほかにも弘前市では、津軽弁を使った交通安全標識が注目を浴びている。むろん、平素から各地の交通安全団体も積極的に取り組みを進めていることを忘れてはなるまい。その中で何がより効果的にドライバーに安全運転を訴える策なのかを考え、活動を続けてほしい。

∆ページの先頭へ

年金の財政検証「安心できる内容か」

土曜日

 

 厚生労働省が、公的年金の給付水準見通しに関する5年に1度の財政検証結果を公表した。
財政検証は、年金財政の健全性をチェックする作業。実質経済成長率が高め(0・4~0・9%)で推移し、女性や高齢者の労働参加が続いた場合は、少子高齢化の進展に応じて給付水準の伸びを抑制する「マクロ経済スライド」を実施しても、所得代替率(現役世代の手取り収入と比べた年金額の割合)は約30年後の2047年度まで法定の50%以上を維持できる―と結論付けた。

現在では新築と中古は半々という比率になりました
所得代替率が次期検証の5年後までに50%を下回る場合は、保険料や給付の在り方を見直すことになっている。その意味で、同省は「公的年金制度は大丈夫」と示したかったのだろう。
今回の財政検証ではオプション試算も実施。パート労働者の厚生年金適用拡大や、年金の繰り下げ受給などが、年金の給付水準を確保する上でプラスと確認された―と強調した。老若問わず可能な限り健康を維持しながら働き続けて保険料を納め、お年寄りは受給開始をなるべく待って―と言っているように聞こえる。「老後の生活を支える主柱」を掲げながら、実際には老後の暮らしよりも公的年金制度の維持にばかり目が向いてはいないか。
検証では、実質経済成長率別に六つのケースで試算したが、実質経済成長率が微増か横ばい(0・0~0・2%)の場合ですら、所得代替率は44・5~46・5%と法定の50%を割ってしまう結果に。年金水準がいかに経済動向に左右されやすいかを示している。制度を楽観的に考えるのは危険そうだ。

櫻井:建築作品として不動産が価値を持ちはじめている点ですね

自分は受け入れてもらえるだろうか――そんな不安を抱えながら新たな世界に踏み出そうとしている2人がいる

将棋界初の女性棋士誕生なるか? 西山朋佳三段(24)三段リーグ8勝2敗で暫定2位
六つのケースのうち最も標準的な設定(実質経済成長率0・4%)では、47年度の年金の受給月額(基礎年金と厚生年金の合計)が24万円で、所得代替率は50・8%。今年度の22万円、61・7%と比べて額は2万円増えても実質は2割近く目減りする格好だ。
金融庁報告書で議論を呼んだ、いわゆる「老後資金2000万円問題」の不安は、結果的に払拭(ふっしょく)されないまま経過しそうだ。
当時、麻生太郎金融相は「著しい不安と誤解を与えた。政府のスタンスとも合わない」と報告書を受け取らなかったが、所得代替率の目減りを含む年金の不足分は、自ら補うしかない。補い切れない分は、家計をダウンサイズすることになる。
さらに指摘されているのは、40代半ばに差し掛かった「就職氷河期世代」の存在だ。長期にわたり非正規雇用や無職にある人は、国民年金の満額支給を受けられず低年金に陥る可能性がある。今後、年金水準の低下というダブルパンチを軽減する観点から対策を講じる必要があるだろう。

∆ページの先頭へ

アフリカ市場開拓「存在感高め信頼関係構築を」

金曜日

 

 横浜市で開催中の第7回アフリカ開発会議(TICAD7)の官民ビジネス対話会合が29日に開かれ、安倍晋三首相は延べ30カ国で公的債務やリスク管理に関する研修を行うと表明した。途上国を借金漬けにして支配を狙う中国との違いを鮮明にした支援策となっており、これをきっかけに巨大市場・アフリカにおける日本の存在感を強めたい考えだ。
アフリカには55カ国・地域によるアフリカ大陸自由貿易圏(AfCFTA)構想があり、計画通り来年7月に運用が始まれば、12億人以上を抱える巨大貿易圏が誕生する。当然、日本の産業界も注目するが、関税撤廃品目や原産地規則といった重要ルールの詳細は固まっておらず、構想が円滑に進むにはさらに時間が必要との指摘もある。
日本の支援策は、名指しこそ避けたが中国による「債務のわな」への対抗策だ。公的債務やリスク管理に関する研修は今後3年間、重点国を毎年10カ国選出して行う。既にガーナやザンビアと調整がついており、債務管理に加え、マクロ経済運営のアドバイザーを送る。農業の競争力強化に向けては、日本の地方自治体で経験を積んだ専門家を派遣する方針。さらに人材育成や「質の高いインフラ」整備など日本の得意分野を生かした支援も進めるという。
これらはアフリカを支配下に収めたい狙いが見える中国の手法と一線を画す。安倍首相は「相手国が借金漬けになっては(企業の)進出を妨げる」と批判した上で支援策を示し、首脳級らとの「マラソン会談」では、それぞれの実情に合わせて支援する意向を伝えた。各国・地域の目に“頼れる日本”と映ったなら、ひとまず成功と言えるだろう。
日本貿易振興機構(ジェトロ)によると、2018年の日本のアフリカ向け輸出額は08年比27・3%減で、輸出品目は自動車に依存している。5割近く伸ばしている中国や、26・2%増のドイツに大きく引き離されているのが現状だ。
そうした中、少子高齢化や人口減少などで国内市場が縮小の一途にある日本を飛び出し、新たな市場をアフリカに求める新興企業も増え始めている。しかし、銀行口座開設などに半年を要したり、現状では利益が薄く長期的視点での事業展開を求められたりといった課題に直面する例が報告されている。アフリカ発展と日本経済への効果波及を実現するには、これら障壁の解決が不可欠となる。
50年までに人口が倍増すると見込まれるアフリカは、日本以外の国も狙う魅力的市場。日本は今回の支援策を第1弾に、アフリカ全体が効果を実感できるような独自の支援を続ける必要があるだろう。支援を生かしてAfCFTAが機能する頃には、互いに信頼し合えるビジネスパートナーになっていると期待したい。

∆ページの先頭へ

立憲・国民会派「野党結集の足掛かりとなるか」

木曜日

 

 立憲民主党と国民民主党が衆参両院での統一会派結成に向け、速やかに党内の了解を得ることで合意した。旧民進党分裂以後の遺恨や政策の違いなど“小異”を乗り越え、野党結集の足掛かりとなるのか、今後の政局を占う意味でも目が離せない。
「独自路線」を貫いてきた立憲の枝野幸男代表が、国民との共闘にかじを切った理由の第一は、今夏の参院選で結党以来の勢いに陰りが見えたためだ。
今夏の参院選で立憲は単独で政権批判票の受け皿になろうとした。しかし、れいわ新選組に支持層を奪われたこともあって伸びを欠き、比例の得票数は衆院選から300万票以上減らした。
さらに憲法改正をめぐって自民党が国民の取り込みを画策していることへの懸念、傘下労組の「股裂き」に苦しむ連合の意向なども背景にあるとみられる。
一方の国民は、遺恨をぐっとのみ込み手を握った格好だ。当初、参院で野党第2党だった立憲は、国民からの引き抜きによって野党第1党の足場を固めた。
露骨な対応に国民の参院幹部は「あの人には来てもらいたくないと平気で話している」と嫌悪感を示した。参院選で立憲は、国民幹部が立った静岡選挙区に「刺客」候補を送り込み、強い反発を買った。
さらに枝野氏が当初、立憲が重視するエネルギー政策や選択的夫婦別姓制度などに協力することを条件に同党衆院会派への加入を提案したことも、「上から目線」と不興を買った。
それでも統一会派を目指す意義について、枝野氏は「数の力を背景にした自民党の姿勢に対し、より強力な構えで秋からの国会論戦に挑んでいける」と強調。玉木氏も「政権交代につなげていく第一歩だ」と同調した。
参院選の1人区では一定の成果を挙げた野党共闘。与野党による事実上の一騎打ちとなった先日の埼玉県知事選でも勝利し、「野党が協力した成果」(福山哲郎立憲幹事長)と意気は上がる。
埼玉県知事選は当初、与党候補が優勢とみられていたが、告示直前に野党候補が一本化されたことや、投票率が前回より上昇したことが勝因とみられる。
統一会派について自民党の二階俊博幹事長は「関心を持っているわけでもないが、どういう結果が出るか見守りたい」と冷ややかだが、政権内には「次期衆院選で『与党対野党統一候補』の構図になった場合の先例にならなければいいが」と懸念の声も漏れる。
統一会派には、野田佳彦前首相が代表を務める衆院会派「社会保障を立て直す国民会議」も加わる見通しだ。
果たして野党勢力結集の第一歩となるのか、路線対立の末に分裂した旧民進党と同じ轍(てつ)を踏むことになるのか、今後の国会論戦で試されることになる。

∆ページの先頭へ

Page: 1 ... 11 12 13 14 15 16 17 18 19 ... 150






一般用ゴムホームベース 20mm厚 RB120

■コクサイベースはプロ野球の球場でも使用されています。

■サイズ:432mm×216mm×(斜)305mm×20mm(一般サイズ)
■重 量:約4.5kg
■材 質:天然ゴム+合成ゴム
■生産国:日本製
3本釘付


ホームベース ゴム 一般用 20mm厚 高校野球 社会人野球 大学野球 中学野球 埋め込み 3本釘付 RB120 コクサイ KOKUSAI あす楽

当サイトでは一部、Adobe Flash・PDFファイルを使用しております。閲覧にはAdobe Flash Player・Adobe Acrobat Readerが必要です。最新のプラグインはアドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。

  • Adobe Flash Player ダウンロードセンター
  • Adobe - Adobe Reader ダウンロード